エボリューション EL-S

こんにちは。

先日、試合の前日にラバーを変更する暴挙に出ましたが、結果としては練習不足の方が影響が大きかった。


愛用のファスタークP-1からエボリューションEL-Sの1.7mmに変更した。


初期レビューということで感じたところを書いていこうと思う。


球つきをした感じではあまり弾まないなという感じ。

ラバーもスポンジも適度な硬さで、まさに中間硬度の代表格。


サーブ

思ってたより前に進むが、そこまで飛びすぎることはない。

点で切るというより、ラバーの端から端まで転がすようにするとよく回転がかかっていた。

食い込ませてかけるイメージだと飛び出してしまった。


フォア

やはり飛距離は出ないが、回転量が多いのか、前進してくるという感想をいただいた。


ショート

飛ばないせいでネットミスが多かった。

バックは前進回転をかけるように返球するのが安定しそうだ。


スマッシュ・ミート打ち

これが一番気持ち良く打てた。

ラバーもスポンジもいい感じの硬さなので、いくらでも入りそうな爽快感があった。

弾く技術はこれぐらいが良いと思う。


ドライブ

あまり得意ではないので、なんとも言えないが、もう少し飛んでくれたらいいかなとも思う。

ネットミスが多かった。

入った時の二速は弾道が低くなる傾向にあった。


裏面打ち

こちらも同様であまり飛ばないのでネットミス多発。

スイングスピードを上げれるのであれば、恐ろしい球が出そうだと感じた。


粒高への影響

スポンジの硬さもあり、ファスタークP-1と似たような飛び出す感じである。

スポンジが硬いほど、粒がよく飛ぶがコントロールが悪くなるのは一緒のようだ。


ツッツキ

飛ばないおかげでコントロールしやすく、回転量も豊富。



ファスタークP-1とエボリューションEL-Sとの比較


重量

軽 エボリューション<ファスターク 重


サーブのやりやすさ

エボリューション≦ファスターク


サーブの回転量

エボリューション≦ファスターク


サーブの短さ

エボリューション<ファスターク


裏面打ちのやりやすさ

エボリューション<ファスターク


スマッシュのやりやすさ

ファスターク<エボリューション


ミート打ちのやりやすさ

ファスターク<エボリューション


粒高面の飛びへの影響

ファスターク<エボリューション


粒高面の安定感

エボリューション≦ファスターク


ツッツキのやりやすさ

ファスターク<エボリューション


ツッツキのキレ

ファスターク<エボリューション


ラバー

柔 ファスターク<エボリューション 硬


スポンジ

柔 エボリューション≦ファスターク 硬



安定感があり、ここぞというときの反転プレーには向いている。

スイングスピードが早かったら、回転プレーが充実しそうな一品である。


個人的にはもう少しだけスポンジが柔らかい方が良かった。

ペン粒のナックルへの対処法

身の回りにいろいろなことがあり、なかなか更新できなかったが、しばらくはまた書いていけそうなぐらいに落ち着きを取り戻してきた。


ペン粒のナックルへの対処法ということで、粒高の天敵はナックルというぐらい苦手なものである。


必ずこれなら対処できるわけではないが、繋いできた球ならほとんどこれでいけることがわかったので、備忘録の意味もこめて書き記しておきたい。


下回転打ちのときは、パンチで言うと腕を引いてから伸ばすまでの間で打つイメージでプッシュすると威力が高いが、ナックルのときは引いた時に粒に乗せて腕を伸ばすイメージでやる。


その時、腕を伸ばしきってしまうと飛び出てしまうので、素早く腕を引くようにすると安定する。


簡単に言うと、引きつけて1/3〜1/2ぐらい乗せて運ぶのである。


そうするとナックルの低くて深い球が飛んでいき、つまって落とさせることが多い。


ただし、この方法はあくまでも繋いできたナックルに対して有効で、押されたナックルには少々難しい。


押されたナックルへの対処法はまた研究していこうと思う。


どなたかいい方法があれば教えていただきたいものである。

WFSローター SR

TSPのWFSローターSRも使っていたことを思い出した。

ウッドファイバー搭載で、スィートスポットが広くコントロール性能が良い、というのが売りだった記憶。


【見た目】

板の形状はRF-リフレックスシステムとほぼ同様で、ラバーの使い回しがギリギリできる感じである。

また厚さや合板のそれぞれの板厚も似通っている。


【打球感】

・裏ラバー面

スィートスポットの広さを感じるというより、硬さが増したように感じた。

硬さが増すことで、振動が分散されている?ような印象を受ける。

ただ、硬さの割にはあまり飛ばないので、台から飛び出るような感じではない。


・粒高面

表面材が柔らかめ?なのか変化度は少ない。

強く打った時は、ウッドファイバーの硬質を手に感じる。

一番ビックリしたのが、Grass D tecsと合わせるとコントロールが安定しない。

明後日の方向に飛んで行く…

急にラケットの面と全く違う方向に飛んで行く謎現象が起きていた。

最初は表面材が硬いせいかと思ったが、のちに使うラケットにはそんな要素はなかったので、未だに謎である。

単に相性が悪い??


【総評】

トンデモ方向を除けば、ブロック性能には特に問題はなく、プッシュについてはガレイディアリボルバーと同等かやや落ちる程度のスピード。

コントロールについてもまずまずで、扱いやすい部類に入る。


打球感は好き嫌いが別れるところであるが、スィートスポットが広いというより、芯に当たった感覚と芯を外した感覚をわかりにくくしたような感じである。

特に日ペン単板からの乗り換えは違和感があると思う。

日ペンでありながら、中ペンのような打球感という表現が近いのかもしれない。


ペン粒が苦手な戦術

皆さん、こんばんは。

 

かなり間が空いたが、その間に転勤というイベントが発生し、多忙な毎日を過ごしていた。

卓球の近況はステージが関西から中国地方に移り、複数の練習場を掛け持ちしている。

 

そんな中、先月関西の試合に出場し、個人戦ではA級2回戦敗退となったが、団体戦でA級優勝することができた。

 

個人戦での敗北があまりにも悔しい内容であった。

まず、表題にもあるが、ペン粒を倒す方法は大きく分けて2つある。

①3球目で打ち抜く

②粘ってミス待ち

 

①については言わずともわかると思うが、②について私見を述べようと思う。

②でもさらに2種類方法があり、一つ目は上回転ドライブで上げて粘る戦術で、二つ目はナックルで粘る戦術である。

前者は、とにかく微上回転ドライブと上げただけを混ぜて粘るパターンで、高すぎず低すぎずの高さ、回転をかけすぎずに返球する。

そうすることでペン粒は高い球に対して短く返すのが難しく、かつ、たまに混ざるナックル気味のボールのことも意識して入れにいってしまう。

この入れただけのボールを狙われるのである。

かといって、反転して攻撃しようにも、時間がかかる上に、微上回転か上げただけを見分けることが必要なためなかなか難しい。

泥試合になるが、普段相手をイラつかせるペン粒を、イラつかせて集中力を欠かせるという良い戦法であるのは間違いない。

 

続いて後者は、ナックルサーブからのミート打ちやナックルドライブでの返球である。

ペン粒はナックルに対しての処理が苦手な人が多く、特に早く深く飛んできたナックルは最も苦手とする球である。

ついうっかりブロックしてしまって、ネットに突き刺さる。

ナックルは長短のコントロールが難しく、飛びすぎたり・飛ばなさすぎたりするため、基本的にはつなぐことが多いため、甘く入ったボールを狙われる。

 

今回は②の前者の方法でフルセット負けしてしまい、自分のスキルの無さに愕然とした。

こういうケースに対する方法としては、

A:反転してスマッシュ

B:裏面打ち

C:上回転プッシュ

D:粒フォア打ち

ぐらいだろうと思う。

 

現在は「D:粒フォア打ち」の練習をしており、浮き球だが反転する余裕がないような場面での強打の習得を目指している。

 

リフレックスvsガレイディア

だいぶガレイディアにも慣れて来たので、比較をしてみたいと思う


TSPのRF-リフレックスシステム(以下リフレックス)とバタフライのガレイディアリボルバーR(以下ガレイディア)


コントロール

リフレックス<ガレイディア

飛び(飛距離)

ガレイディア<リフレックス

飛び出しの早さ

ガレイディア<リフレックス

ナックルボールへの対処

リフレックス<ガレイディア

プッシュのしやすさ

リフレックス<ガレイディア

プッシュの早さ

ガレイディア<リフレックス

ツッツキのしやすさ

リフレックス<ガレイディア

ツッツキの切れ

リフレックス=ガレイディア

サーブのしやすさ

リフレックス<ガレイディア

サーブの切れ

ガレイディア<リフレックス

カット性ショートのしやすさ

リフレックス<ガレイディア

カット性ショートの切れ

ガレイディア<リフレックス

裏面のしやすさ

ガレイディア<リフレックス

裏面の早さ

ガレイディア<リフレックス

ドライブのしやすさ

リフレックス<ガレイディア

ドライブの回転量

リフレックス<ガレイディア

ミート打ちのしやすさ

ガレイディア<リフレックス

ミート打ちの早さ

ガレイディア<リフレックス

ブロックのしやすさ

リフレックス<ガレイディア

ブロックの反転

ガレイディア<リフレックス


ガレイディアはアリレートカーボンのわりに飛ばない、食い込む、ブロックがしやすい

逆にリフレックスの方がカーボンが入ってるかのような性能を示している


切り替えしやすいペンラケットの持ち方

恥ずかしい話だが、昨日まで正しいペンラケットの持ち方が出来ていなかった

よく悪い例である中指・薬指・小指がラケットと同じ方を向いてやや開いて伸びている状態であった

それが昨日、一つの閃きですっかり普通の持ち方が出来るようになったので、その方法を紹介しておきたい(ほぼ自己満足)


その方法とは、親指を第一関節までラケットに乗せるのではなく、先端のみ引っかかるようにすることである


たったこれだけで、親指と中指の横側で挟むイメージが生まれる


普通に考えれば、親指の第一関節で中指の爪の横側を触るのはキツいが、親指の先端なら余裕で触れる


フォアからバックへ切り替えしの時は、人差し指と中指でラケットを挟むようにして、親指の先端をズラす


親指の動きが小さくなるので、切り替えしが早くなり、かつ面が瞬時に作れるという一石二鳥である


個人差もあると思うが、ペンラケットの持ち方に不安がある方は試していただきたい

ガレイディアリボルバーR

昔から色々なサイトで、パラドックスが粒高と相性が良いというのを見ていたが、アリレートカーボンということで、特殊素材はKA-スピード以来、毛嫌いしていた

(自分のスキルでは抑えられないと思い込んでいた)


ガレイディアリボルバーパラドックスの後継として発売しており、若干のサイズ変更で値段アップとネットで読んだ記憶がある


今回、特殊素材に再チャレンジするつもりで思い切って購入してみて、初期レビューをしてみる


粒高ラバー Grass D Tecs OX

裏ラバー RASANT BEAT 中


打球感

極めてRF-Sリフレックスシステムと似ている

フォア打ちをしただけで気に入った


裏面打ち

ラバーが柔らかく、弧線が高くなるため打ちにくかった(ラバーのチョイスの問題)


当てるブロック

硬い打球感が伝わるが、想像より遥かに止まる

カーボンが入ってるとは思えないほど止まる

リフレックスの打球感をそのままに、飛距離が短くなる感じ

リフレックスに比べ高さが出ないので、しばらくはネットミスが多かった


カット性ショート

リフレックスはスイングが遅いと球離れで飛んで行ってしまうが、ガレイディアは多少球持ちがあるので、かなり切りやすく感じた

切れ方も同等ぐらい


プッシュ

スピードと飛距離はリフレックスに軍配が上がるが、球の揺れと弾道の低さはガレイディア

初めて揺れながら飛んで行くプッシュを見た


フォア打ち

ラザントビートが柔らかく、軽いので振りやすい

カーボンのわりに飛ばないと感じた

ドライブも弧線が上がりやすく、持ち上げるようなプレーも出来たので、コントロールも上々のよう


総評

リフレックスをやや防御よりにしたラケットで、スペックとしてはかなり似ている

上板がやや球持ちがあるが、球離れもほどほどという贅沢な部分をよくもこれだけ再現したなと思う

しばらくメインラケットとして使っていって、またレビューをしたい